NZ生まれの高品質羊毛断熱材
【サーモウール】

国土交通大臣認定:防露認定
ペーパーバリアフリー(防湿層不要)
国土交通省:防火認定 外壁/耐力壁30分耐火
認定番号PC030BE-0400

自然素材の羊毛を使った高品質断熱材【サーモウール】
シックハウス対策にも非常に有効です。
アトピーやアレルギーでお困りの方も、ぜひご利用ください。

羊毛断熱材【サーモウール】

リンク

牧草を食べる羊

羊毛断熱材【サーモウール】の特徴

安全確実な防虫処理

【サーモウール】は防虫処理のため「ラーバニル」という薬剤を0.25%という 大変薄い濃度まで希釈して使用しています。この希釈された「ラーバニル」によって、 【サーモウール】に使用されている羊毛の繊維一本一本まで丁寧に防虫処理が施され、 その処理によってきわめて長期間その効力を持続させることが可能となりました。

サーモウール施工の様子

防虫処理後の【サーモウール】は、住まわれる方への影響に関しましても、 防虫能力の保持という面においても安心してご利用いただくことができる断熱材です。 このラーバニルは羊毛を好む害虫である「鞘翅目(しょうしもく)、甲虫類」と 「鱗翅目(りんしもく)、蛾蝶類」に的を絞った類を見ない今までになかった製品です。 これは現行の羊毛製品(毛布やセーター・肌着等)の防虫処理として使用している、 パーメスリンが効果を持たないある種の蛾や、特に対抗性を持った甲虫類の問題を解決するものとして、 各研究機関において認められている製品です。

「ラーバニルとその有効成分であるビフェニスリンはウールの防虫剤として使用されることにおいて、問題となる危険性はなんら生じない。」
これは羊毛研究において世界で最も権威ある研究機関とされる WRONZ(ニュージーランド羊毛研究所)が正式に発表した「ラーバニル」の安全性に関する研究結果です。
【サーモウール】に採用されているラーバニルは、世界中の研究機関や大学の協力を得て開発された、現時点で最も優れているとされる、安全で効果の高い、羊毛用の防虫剤です。ラーバニルは除虫菊の成分を人工的に合成した「ビフェニスリン」と「特殊な酵素」から成っています。 【サーモウール】はラーバニルを羊毛の繊維一本一本に浸透させています。これにより、効果は繊維全体にいきわたり、かつ、有機物(羊毛)と強く結合するラーバニルの特徴から、それは、永久的に持続します。また、ラーバニルは単独で自然の中に放置されると急速にその有効成分の効果は消失する、環境にやさしい防虫剤です。

【サーモウール】MSDSの提示指定科学物質を含んでいない安全な製品です。 また、製造過程においても100℃以上の釜の中で完全滅菌処理されています。 防虫に使用しているラーバニルも0.25%と希釈されたものですのでMSDSを必要とはしませんが、 成分および防虫処理につきましては詳しい資料を用意してございます。

Created by Arcion Web Design |copyright(C) 2008 Clear Space Inc., All Rights Reserved.